FXで大損する前に
『信託』を学ぶ

 
slider image slider image slider image slider image slider image

 

信託財産

信託財産とは、信託を行う際に委託者が受託者にその管理や処分を託すことになる財産の事を示しています。

委託者が受託者に託す財産の種類には制限が設けられてはいないので、様々なものが信託財産となる可能性があり、代表的なもので言えば、土地や建物といった不動産や、自動車やテレビ、パソコン、ペットなどの動産、金銭や有価証券、債券、知的財産権などが一般的に信託財産として扱われています。

また、投資信託などを行う営業信託であれば、こうした信託財産とは一般的に金銭や、株などの有価証券、社債や公債などの債券といったものになります。

こうした信託財産は、受託者や受託業務を執り行う信託銀行などに預けられ、委託者や委託会社の支持によって運用されていくことになります。

ちなみに、受託をした者はこの信託財産にたいして分割管理を行わなければならず、預けられた資産は、ほかの資産や会社の資産な分けられることになり別々に管理されます。
信託財産のこうした管理方法により、万が一受託業務を行う信託銀行が経営破たんなどをしたとしても、預けた財産が破たん処理の一環として使用されることはなく、委託者の財産は守られることになっています。

受託者が利益を求めることを行う営業信託であれば、委託会社が用意した信託財産は、証券会社などの信託会社に管理が移され、委託会社の支持によって売買される事によって収益を上げ、その収益を受益者に分配する事になります。

また受託者が利益を求めることを目的としない民事信託であれば、受託者がとなった個人や団体などがこれを管理し、上げられた収益は受益者に分配される事になるのです。

信託財産の扱いについては、受託者は様々な事柄に従わなくてはならず、委託者の意向を遂げるために努力を尽くさなくてはなりません。
例えば、委託財産の管理は受託者が行いますが、受託者はこの委託財産の処分などを行う場合には、必ず受託者の意向に沿わなければならず、受託者の判断で勝手に処分をすることができません。

これは、信託財産が、信託財産の独立性というものを持っているからであり、信託のための目的によって拘束を受けている状態になっているため、その権利を移したとしても、受託者には属さずに独立した財産となっているからです。

こうしたことを取り決めているのは、信託法と呼ばれる法律であり、この信託財産の独立性の確保をするために、信託財産に対する強制執行などの制限や、信託財産に関する総裁の制限の規制など、様々な規制が設けられているのです。