FXで大損する前に
『信託』を学ぶ

 
slider image slider image slider image slider image slider image

 

投資信託

投資信託とは、委託者と受託者、受益者からなる信託を、利益を求めることを前提として行う商業信託で、投資家などが資産の運用のために行う金融商品になります。

投資信託では、投資家は証券会社や銀行など販売会社から投資信託の金融商品を購入します。この購入によって得られた資金は、投資信託を作って運用方針を決定する委託会社の死にし従い、投資と資産管理を行う受託会社によって運用され、利益が生み出され、その利益が投資家に分配される形になります。

このように投資信託では、投資家は資金を信託会社に預け、その資金をプロが投資で運用を行い、その利益を還元してくれるという形での資産運用が行えるために、安定的に利益を見込める可能性が高くなっており、その投資の資金も少額であれば1万円程度からでも行えるために、投資の初心者にとっても不安要素が少ない投資と言えます。

例えば、株取引を行うのであれば百万円単位のまとまった資金が必要になりますし、FX取引などであれば、複雑に変動する為替相場を予測していくための知識や経験がなくては、利益を出すどころか損失を招く可能性もあります。

その点、投資信託であれば投資のプロが投資家に代わって運用を行いますので、資金の面でも知識や経験の面でも、そうした問題がなくなるのです。

また、外国の株や債券などの資産運用は言葉の問題などもあり、なかなか手を出すことができませんが、投資信託であれば気にすることなく行うことができますので、気軽に外国に自分の資産を置くこともできます。

投資信託での資産運用の強みは、株や債券など様々な投資を組み合わせて運用をしているという点になります。
投資で資産を運用する場合には、必ずリスクがありますので、そのリスクを最小限に抑えるために、分散投資という手法がとられることがあります。

例えば、100万円というお金を一つの会社の株に全部使ってしまえば、その会社が倒産した時には一気に100万円が失われてしまいますが、これを10万円ずつに分けて10社に投資しておけば一度に100万円を失うというリスクは軽減されることになります。

これを個人でやろうとした場合は10社の株の管理を行わねばならず、管理の煩雑さから損失を呼び込むことも考えられます。
しかし、投資信託であれば、こうしたことを信託会社が行ってくれるために、より安全に投資を行うことができるのです。

もちろん、投資信託にも考えるべきデメリットがあり、元本保証がされていないために、相場の下落などによって損失を被る可能性があること、投資を信託会社に任せているために利益が小さくなることなどがあげられます。