FXで大損する前に
『信託』を学ぶ

 
slider image slider image slider image slider image slider image

 

信託不動産

信託では、委託者が受託者に対して財産を信託することによって、その管理などを行わせて収益を受益者に分配させるという事が行われます。

この際に信託される財産には基本的に制限がなく、金銭や有価証券、車などの動産、そして、土地や建物といった不動産も財産として、信託を行うことができます。

こうしたものの中で、信託で取り扱われる不動産の事を信託不動産と言い、日宅的多く取り扱われている信託不動産が土地であり、こうしたものを土地不動産と呼んでいます。

投資の中でも不動産での投資は専門的な知識やノウハウなどが必要であり、また様々な手続きなども必要であり、非常に難易度の高い投資てあることが知られています。
土地での投資を考えた場合には、自身で会社を経営するほどの労力と知識とコストがかかるために、多くの人たちが専門家に依頼などをしており、そうしたものの中の一つに土地信託があります。

信託での土地の活用は、その土地の運用の一切を信託会社に任せ、そこから上がってくる収益から利益が分配されてくることになりますので、委託者として行うことはほとんどありません。

土地の所有者は、信託会社と信託契約を結んで所有権を移し、代わりに信託受益権を得ます。これにより土地を受託した信託会社は、その土地を運用していくのですが、多くの場合には建物を建ててそこから収益を上げていきます。
こうした建物を立てる場合にも、信託会社が事業計画や建築計画を立てますので、委託者はこれに目を通して同意をするか、異論がある場合はそれを提言することもできます。

このようにして信託会社によって、建物が建築されれば、マンションであったりテナント物件であったりという形で貸し出しが行われ、賃料収益が得られることになります。
得られた収益は、そこから管理委託費や税金、建築の借入金などの必要経費と、投資会社の報酬が差し引かれ、残りが信託受益権を持つ土地の所有者に還元されることになります。

信託によって収益を上げながら、最終的には土地の所有権は所有者のもとに返還されることになりますが、その際には建築された建物も一緒に返還され、またその際に借入金の返済が残っていたばあいには、これも戻されることになります。

土地の信託では、このような形で投資が行われますが、思うように賃料が入らなかったりした場合には、得られる利益が少なくなったり、賃料不足などが起こった場合などは、追加投資を信託会社から求められる可能性もあります。

このようなことから、不動産の信託では、不動産の運用に強い信託会社を選ぶことが必要で、社会的な信用から考えて、大手銀行グループの信託銀行へ依頼されることが多いようです。