FXで大損する前に
『信託』を学ぶ

 
slider image slider image slider image slider image slider image

 

信託銀行

信託銀行とは、通常の銀行の業務と信託の業務の両方を行っている銀行になり、銀行法によって行われる銀行が、金融機関の信託業務を兼ねて営業することに関する兼営法によって、銀行で行える全ての銀行業務を取り扱うことができ、また、すべての信託業務を取り扱うことが可能となっています。

こうした銀行業務と信託業務を執り行える銀行は信託銀行となりますが、信託という文字を商号に称しなくてはならないという義務はないために、信託を称さない銀行や金融機関の中にも、信託業務を兼営している金融機関や銀行があります。

また、銀行業務と信託業務のすべてを取り扱うことが可能であったとしても、収益性や市場規模などを鑑み、銀行それぞれの経営方針などから、一部の信託業務に特化するなど、得意分野に絞って業務を営んでいる場合もあります。

信託銀行には、普通銀行やそのほかの金融機関にはない、信託銀行ならではの大きな特徴があり、それが銀行業務と信託業務とが兼営されたことによる業務領域の拡大化にあります。

都市銀行や地方銀行などの普通の銀行であれば、行うことのできる業務は、銀行の固有業務のみとなります。
銀行の固有業務は三つあり、一つ目は、銀行にお金を預ける預金者の資産を管理し、保管する業務になり、預金業務、定期積立業務、掛け金業務からなり、預金者からの信用を受けることよってお金を預かるところから、受信業務と呼んでいます。

二つ目は、企業や個人に銀行から資金を貸し出しす業務になり、貸出業務、割引手形、支払承諾業務、貸付有価証券業務からなり、貸出先に資金を貸すことで信用を与えるために与信業務と呼んでいます。

三つ目は、送金や振り込みによって再建や債務の決済を行う業務になり、現金を使わず、支払いや受け取りを行って決済を行う事から、決済業務と呼んでいます。

銀行が行える業務はこの三つの事柄になりますが、これを信託と兼営することにより「信託業務」と、不動産や証券の代行などの兵営業務を行うことができるようになるのです。

こうしたことにより、例えば不動産会社と銀行とにそれぞれに取引をしながら、銀行にて融資を受けて資金を用意し、不動産にて土地を購入する、という二つの行動をとらなくてはならないような事柄であっても、信託銀行であればこのどちらも取り扱っているので、一度で用事が住むことになります。

また融資と購入の取引先を二つではなく一つで行えるために、鳥違いやミスも少なくなり、また、それにかかわる様々な問題も、信託銀行であれば多角的にこれに対処し、すべてを円滑に執り行うことができるのです。